リクナビNEXTに掲載するときにかかる費用

求人募集を行うときには、ホームページで採用情報のページを作り募集をしたりします。しかし、求人募集を行うにしても、ホームページでは閲覧する人が少なくては募集効果も少なく、必ずしも職を探している人が見るとは限らないためすぐに効果が出るものではありません。大きな企業で知名度があればホームページの閲覧もそれなりの数があり成果を見込めますが、中小企業では難しいものでもあります。そのような場合、フリーペーパーや求人募集サイトなどに掲載してもらうことで、大々的に募集していることを知ってもらうことができます。しかし、そのためには費用がかかるため、利用する際には注意が必要になります。リクナビNEXTで求人を行いたい場合も費用がかかるので、確認しておくことが大切です。

一番安いプランでは最低限しか情報を載せられません

リクナビNEXTに求人広告を掲載したい場合、気になる点がその費用になりますが、一番安いプランでは募集要項しか載せることができません。その際に設定できる項目は募集に至る背景や仕事の内容、募集の対象条件に勤務地や勤務時間、給与や休日、そして福利厚生などを記載することができます。しかし、このプランでは必要最低限のことしか記載することができないので、アピール力は少ないものになります。一番安いプランの費用になりますが、全国募集で18万円、関西や東海が13万円、北海道や東北に北信越などそのほかの地域では12万円となっています。また、この料金は2週間の費用になりますが、4週間の費用であれば全国募集で20万円になります。期間中の採用者がいなかった場合、無料で2週間の延長もできたりもします。

情報量が多くなれば費用も多くなります

リクナビNEXTの一番費用が高いプランでは2週間で144万円かかりますが、掲載できる情報が格段と多くなります。募集要項は全てのプランで一緒ですが、1600文字まで載せることができます。しかし、一番のポイントはフリーデザインページを利用できることになります。これは一番高いプランだけに適用されるものになりますが、すべて自由にデザインできるスペースでき、企業理念や企業が求めている人物像など自由に表現することが可能なスペースになります。このプランでは費用がとても高いので、特に力を入れて募集したい場合や大企業向けのプランともいえます。一番安いプラン以外では文字数の制限がありますが、メッセージブロックや社員インタビュー、フリーフォトスペースなどを使うことができます。